講習内容

講習会の風景

慢性症状の患者さんの多くはもみほぐしなどのお店を利用しています。もみほぐしは窓口が広く様々な症状をお持ちの方が来店します。それに伴いセラピストにも高い技術と知識が要求されます。ここでは様々な症状に対応できるカリキュラムをわかりやすく部位別で学びます。

講義の特徴

テスト法とは・・・
もみほぐしを行っても良い症状か見分けるために行う。また、効果あるもみほぐしを行うために行う。痛みの出ている原因を特定するための行為。
基本ラインマッサージとは・・・
記されたライン上で方向を正しく押すことにより医療効果も高くなり、利用者様の満足感も同時に得られる。
ストレッチ法とは・・・
私生活ではなかなか最大伸展、最大収縮をする機会がない為、もみほぐしと組み合わせることで効果を高めることができる。
TOP